ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

赦されているから赦す

「私たちの負いめをお赦しください。私たちも、私たちに負いめのある人たちを赦しました。」(マタイ6章12節)

 日本語には「ゆるす」という漢字が2種類あります。一つは「許す」でもう一つが「赦す」です。

聖書が記す神様の教えは「赦す」ことを命じておられ、それこそが信仰の土台であり、原点であることを示すのです。

主の祈りの5番目の祈りは「赦し」についての祈りであり、人間関係において最も重要な姿勢がここにあります。誰かを赦せないという気持ちを持ちながらイエス様の信仰を保つことは難しいことです。

なぜならばイエス様の教えの大前提として神様の愛と赦しがあるからです。イエス様によって救われたクリスチャンは何よりも赦す人でなければならないのです。

 聖書では「負いめ」と訳されている言葉は端的に言うと「罪」のことを現わします。

この祈りはそのまま読むとあたかも神様から罪を赦されることは、私たちが誰からの罪を赦した条件のように読めます。

しかし神様の救いや赦しは、私たちが何かをしたから与えられたものではなく恵みです。

むしろこの祈りは弟子たちに与えられた模範的な祈りであることを考えるならば、すでに赦されているからこそ、誰かを赦すことが出来るものになる、そんな告白なのです。

2017年6月28日 | カテゴリー : 城倉牧師 | 投稿者 : 18nahabap91

平和をつくる神の子ども!

「平和をつくるものは幸いです。その人は神の子どもと呼ばれるからです。」 (マタイ5章9節)

 毎年巡って来る6月は沖縄にとって忘れてはならない月で、23日の「慰霊の日」がその中心です。

72年前県民は23万人余の沖縄戦犠牲者を覚えて、2度とあの悲惨で残酷な戦争をしてはならないと誓ったのです。

この県民の決断を継承するのが慰霊の日です。

戦争体験をしたから戦争に反対し、体験してないから分からないというものではない。人殺しの経験がないから人殺しがよいか悪いか分からないという人はいないのです。

ういう人はサタンの子です。サタンは初めから人殺しで天地の創造主であるいのちの主なる神に挑戦しているのです。サタンは戦争を人間同士の戦いに見せかけて、心で笑い喜んでいるのです。

これがサタンの策略です。

 私たちはもうサタンの策略に鴫されず、平和こそ父なる神の御心であり平和の君であるキリストの御心であり、聖言による聖徒の一致こそ三位一体の神、歴史の主なる神の御心である事を共に確信しましよう。

そして主と共に前進する事を誓い合いましょう。

私たちの必要は!

「私たちの日ごとの糧をきょうもお与えください。」 (マタイ6章11節)

 人間が生きるためには必要なものがあります。

空気がなければ大は生きられません。飲食物がなければ大は生きられません。健全な環境がなければ大は生きられません。周りの大がいなければ大は生きられません。

人間とは「人の間」と書きます。

誰かとの関わりと誰かの助けなしで生きられる大は誰もいないのです。また知識の正しい伝達をしなければ大は生きられません。そして神様の恵みがなくては大は生きられないのです。

 今日の御言葉が示す「糧」は直接的には食べ物ですが、その真意としては私たちが生きて行くために必要な全てのものを表わしています。

そしてそれはこの祈りにあるように神様が与えて下さっているものであるとの信仰が必要なのです。

またこの祈りは「日ごとの」とあるように毎日毎日の祈りです。

私たちが生きるために必要なものは日々、神様が与えて下さっていることを認め、感謝をもって一つ一つを受け取り、信仰によって歩む者となりましよう。

 

2017年6月11日 | カテゴリー : 城倉牧師 | 投稿者 : 18nahabap91

「天でも地でも」

「・・・みこころが天で行われるように地でも行われますように。」
(マタイ6章10節)

神様の御心はなかなか簡単に分かるものではないかもしれません。

聖書に記されている「全ての人が救われること」や「神の国とその義を第一にすること」や「神を愛し、人を愛すること」等は、明確に分かりますが、具体的な人生の中での様々な選択を迫られる時、どちらが御心なのか分からないことも多々あります。

御心を探り求め続ける祈りがクリスチャンには必要です。

 主の祈りにおいて、神様の御心は天においては完全に行われている、という真理があることに気付きます。それは同時に地上においては神様の御心は行われない事もあることを示します。なぜそのようなことが起こるのでしょうか。

一つは神様ご自身がその創造の業の折に地上の事を人間に委託されたからです。人は地上を管理し、正しく 導く使命を与えられているのです。

しかし現実には人間の世界は、戦争やテロ、飢餓や、国々の葬いや内乱が絶えることがありません。

 20世紀からこのかた戦火が途絶えたことがないのが人間の現実です。そのような中で信仰者は「平和をつくる者」となることを期待されています。特に沖縄においてはこの6月、まことの平和の主による平和の実現を祈る者となりましょう。