ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

神の栄冠を得るために!

「キリスト・イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、目標を目ざして一心に走っているのです。」  (ピリピ3:8)

 クリスチャンの歩みは旅や登山に例えられるように、目的地に向かって進む歩みです。生きている限りは道半ばなのです。私たちも前に向かって進む、目標に向かっていく、そのよな心を持つことが大切です。

  そこに信仰者としての成長があるからです。パウロはまずイエス様の復活の力を知ること、そしてイエス様の苦しみにあずかること、さらにイエス様の死と同じ状態を求めます。

  つまり十字架への道、それこそが復活に達する、つまり永遠の命を持って生きる信仰者の目標だからです。言葉で言うのは簡単ですが、十字架の道とは忍耐と苦難であり、不本意な状況でも苦しみの中でもイエス様がそれを忍んだように忍び、祈ったように祈ることです。

  さらにイエス様の死と同じとは不当な裁判の中でも黙して耐え忍び神様の御心を成し遂げるために立ち続けたイエス様の姿であり、苦しみにながら死んでいったイエス様の姿です。簡単に出来ることではありません。

しかしそんな信仰の歩みを全うしたものに神様が栄冠を与えて下さるのです。

2016年10月16日 | カテゴリー : 城倉牧師 | 投稿者 : 18nahabap91

「そこ!が世と違う」

「・・・互いに愛し合いなさい。もし互いの間に愛があるなら、それによってあなたがたがわたしの弟子であることを、すべての人が認めるのです。」    (ヨハネ13章34~35節)

 先日、国道沿いの看板が目に留まりました。方言でアジア諸国は皆兄弟という意味で書かれていました。様々な違いを越えて受容する事が大切です。

 それは分かっているが家庭や教会の中でも意見が異なり、難しく感じます。聖書に登場する弟子達もそうでした。その多様な人々を大切にし、受容する主イエス様。遂に言葉だけではなくいのちを犠牲にし、その愛と赦しを現しました。その方に私たちも倣います。

信じて、内面を明け渡し、従う時に上記のお言葉が成就します。残念ながら私たちの住む社会は古い人、生まれつきの堕落した人間性がむき出しです。

相模原市の施設で起きた事件やヘイトスピーチなど排斥、憎悪主義がその闇を濃くしています。ですから世へ光を輝かし、灯すのが私たちです。

 今こそ社会へ向けてイエス様のお心を明らかにしていきましょう。

2016年10月15日 | カテゴリー : 城倉牧師 | 投稿者 : 18nahabap91

キリスト・イエスを知っていることのすぱらしさ

「それどころか、私の主であるキリスト・イエスを知っていることのすばらしさのゆえに、いっさいのことを損と思っています。」 (ピリピ3:8)
イエス様との出会いは人生で最大の祝福と言ってもよいでしょう。昔から 「人生は出会いで決まる」と言われますが、私たちは人生で出会った大たちによって影響を受け、人生観や生きざまが決まっていくものです。

その中で自分の基準が生まれ、良いものと悪いもの、価値あるものと価値のないもの、と判断するようになりました。

パウロがイエス様と出会う前に持っていたものは全て、当時のユダヤ人の基準で言えぱすぱらしいものばかりで、他者がうらやむようなステータスでした。

しかしパウロは誇らしげに高らかに宣言します。「これらは全部損である」、「ちりあくた(ごみ)である」、と。それはキリストがあまりにもすばらしいから、その救いもイエス様による人生の祝福も他のものと比べることも出来ないほどにすぱらしいからです。

私たちはどれだけイエス様を知っていることの素晴らしさを自覚しているでしょうか。イエス様の救いは人生の方向を変え、意味ある価値あるものにします。
自己中心な生き方から神様中心の生き方になります。これこそが幸いの道なのです。

hana

2016年10月15日 | カテゴリー : 城倉牧師 | 投稿者 : 18nahabap91

大長幸一郎牧師の退任感謝・激励会がありました。

那覇バプテスト教会で長年ご奉仕された大長幸一郎先生が、9月いっぱいで那覇バプテスト教会の牧師を退任されることになりました。

先生の長年の労苦に感謝を込めて、先生ありがとう-感謝・激励会があり、150名近くの方が集いました。

涙あり、笑いありと先生の人柄があふれる感謝な会となりました。

信徒にとっては、寂しいことではありますが、先生のご家族のうえに、神様の導きと、豊かな祝福をお祈りいたします。

 

img_1105img_1100

2016年9月18日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 18nahabap91

イエス・キリストは主である!

「すべての口が『イエス・キリストは主である』と告白して、父なる神がほ
めたたえられるためです。」         (ピリピ2章11節)
 イエス様にあってクリスチャンが求められていることは一節に記されている「励まし」であり、「愛の慰め」であり、「御霊の交わり」であり、「愛情とあわれみ」です。これらはすべて誰かとの関係の中であらわされるものであることに気づきます。

クリスチャンは他者との関係が誰よりも優れている者であり、謙遜で他者を優れたものと認めることが出来るものであることを知ります。

その意味で「自己中心」や「虚栄」は自らの内に戒め退けるのです。サタンは高慢な思いにつけこんできます。謙遜な生き方こそがイエス様に倣う者の姿勢です。

パウロは私たちにイエス様が常に誰かのために生きていた生き方を模範とすることを求めます。

それは自らの本質である神の姿をも拾てられ人となり、それどころか犯罪人のように十字架の死にまでも従われたのです。この姿こそ主であるイエス様であり、私たちが目指すべき姿なのです。

2016年8月23日 | カテゴリー : 城倉牧師 | 投稿者 : 18nahabap91