キリストと教会

「この奥義は偉大です。私は、キリストと教会とをさして言っているのです。」

   (エペソ5章32節)

 本日のテキストは結婚式に必ず朗読される夫婦のあり方が記されている箇所です。夫に求められることは妻を愛することです。

ここで言う愛とは、キリストが愛されたようにとある通り、自分を犠牲にすることを厭わずに注ぎ続ける愛です。口先だけのものではなく、実際的、実践的、行動的な愛なのです。

また妻に対しては夫に従うことが求められます。

 それは教会がキリストに従うようにとありますから、絶対的な信頼と服従が求められていることが分かります。注意すべきことは、夫婦がこの御言葉を読む時に、夫が妻に対して、妻が夫に対して御言葉を持って批判するようなことがないようにということです。

こまでも夫は夫に宛てられている「愛すること」、妻は妻に宛てられている「従うこと」が出来ているかどうかを考えるべきなのです。ここに示されているのはキリストと教会の麗しい関係です。

これこそが夫婦関係の最も素晴らしいひな型なのです。

2016年5月8日 | カテゴリー : 城倉牧師 | 投稿者 : 18nahabap91