光の子どもらしく歩みなさい

「あなたがたは、以前は暗やみでしたが、今は、主にあって、光となりました。光の子どもらしく歩みなさい。」         

(エペソ5章8節)

 光と闇という大きな対比は私たちの人生を表しています。聖書の言う光と闇はこの世のいうものとは少し違うものです。

イエス様と出会い新しくされた人生は光であり、イエス様を知らず無視して生きている人生は闇です。聖書に従い神様に従って生きる人生は光であり、自己中心と自己実現に終始する人生は闇です。

ですから、聖書で暗やみを歩いていると表現されているのはことさらに罪深い生き方とか、悪い人間のことではなく生まれながらの全ての人を指しているのです。

 感謝すべきことは、私たちは今は光となった、「光の子ども」である、と聖書が宣言してくださっていることです。

自分たちの姿を省みるととても光と言えないかもしれません。しかし主が言われたことは必ず成ります。

ですから暗やみの生き方、性質を振り捨てて光の子らしく生きていきましょう

 

2016年5月7日 | カテゴリー : 城倉牧師 | 投稿者 : 18nahabap91