「平和の発信は沖縄の心!」

「地とそれに満ちているもの、世界とその中に住むものは主のものである。まことに主は、海に地の基を据え、....」(詩篇24:1~2)

天も地も海も誰のものか、すべては創造主のものである。[初めに神が天と地を創造された]とは世界の常識であり、この宇宙の大前提である。

しかるに、神の創造されたこの沖縄の海を平気で傷つけている。権力は神を恐れぬ人間の傲慢であり、神の裁きを招くものである。

創造主は地球の正しい管理を人間に委ねられたが、人間の勝手な欲望のために地球の破壊を許可した訳ではない。

21世紀は環境の世紀であり、世界の国々は協力して地球を大事にすべきである。このように重大な時に、美しい海を破壊し、珊瑚を死滅させることはあってはならない。

しかも、戦争の準備のための基地拡大のために海や珊瑚を破壊することは言語道断である!

沖縄は昔から平和の島であり、今も平和の発信地であり、これからも、いつまでも平和を発信すること、これが民意であり県民の心であろ。

平和

2015年2月15日 | カテゴリー : 国吉守牧師 | 投稿者 : 18nahabap91