「魂に安らぎを与える主!」

「すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。」  (マタイ11:28)

 現代人は疲れている人、ストレスで悩んでいる人、人間関係で行き詰まっている人、生きる望みを失っている人、死んだ方がらくだと思っている人など多くの人々が重荷を負って苦しんでいる。

最近の県民調査中間報告によると県民の6人に一人に当たる16.3%が自殺を本気で考えたことがある。そのうち2割超は最近1年以内に自殺したいと思ったと回答している。

これらの方々がどのように乗り越えてきたかというと、趣味や仕事などで気を紛らわせるよう努めたが最も多く、次いで家族や友人、職場の同僚など身近な人に悩みを聞いてもらったとある。

 人は矢張り1人では生きられない。人は人との交わり、信頼関係で生きている。そこに働いているのが愛である。

人は愛されている事が分かった時、生貪る希望に導かれる。主キリストはあなたを命がけで愛しておられる。

2015年2月1日 | カテゴリー : 国吉守牧師 | 投稿者 : 18nahabap91