「文書伝道デーに協力しよう」

「いのちのことばをしっかり握って、彼らの間で世の光として輝くためです。そうすれば、私は、自分の努力したことがむだではなく、苦労したこともむだでなかったことを、キリストの日に誇ることができます。」        (ピリピ2章16節)

 昨今は電子文書の広がりや、通信販売の充実から出版業界が厳しいと言われています。大手の一般書店も軒並み閉店するような時代です。

そのような中にあって沖縄にはOBCのキリスト教書店といのちのことば社のライフセンターの2店舗が現在も営業出来ていることは神様の憐れみと奇蹟的な出来事なのです。

 しかし普通に考えても中々本が売れない時代に、キリスト教関連の本だけを扱っているということは当然経営も運営も厳しい中にあります。まず私たちが協力的にこれらの書店を支援し、多くの書籍やグッズを購入しましょう。

なぜならばその目的はどこまでも伝道にあるからなのです。那覇バプテスト教会では年に2回文書伝道デーを設けて、キリスト教書籍やグッズをエントランスで販売しています。

それはイエス様の福音がありとあらゆる手段を通して、一人でも多くの方々に伝えられるためであり、私たちの言葉では伝えきれない主のすばらしさを救われてほしいその人にお伝えするためだからです。文書伝道デーに協力しましょう。

2017年10月28日 | カテゴリー : 城倉牧師 | 投稿者 : 18nahabap91