ダビデの信仰!

「神よ。私にきよい心を造り、ゆるがない霊を私のうちに新しくしてください。」 (詩篇51:10)

 これはダビデがウリヤの妻バテシェバを奪い自分の妻にした時に預言者、ナタンがその罪を責めた時のことです。

一国の王であり、その国家の最高の権力者であったダビデは預言者を処罰する事もできたのですが、ダビデは自分の罪を認めナタンを遣わした神のみ前に全くひざまずき、自分の罪の赦しを願い祈っています。

ここにダビデの信仰の深さ、すばらしさが現われています。

人間の本当の強さは、人を殺す事ではなく、自分の罪を認め全く神のみ前にひざまずくことにあるのです。

さらにダビデは自分の弱さを知って、何度も同じ罪を繰り返す自分を認めて「ゆるがない霊を私のうちに新しくしてください」と願っています。

 最早、人間の力ではなく聖書の力により頼んでいます。ここにダビデの信仰の本当の弱さと強さがあるのです。 

私たちもダピデの信仰の深さと素晴しさをいつまでも持ちたいものです。

2017年7月10日 | カテゴリー : 城倉牧師 | 投稿者 : 18nahabap91