主に対するように!

「何をするにも、人に対してではなく、主に対してするように、心からしなさい。」  コロサイ3:23

 今日の聖書の箇所は夫婦関係、親子関係、主人と奴隷の関係、という三つの関係のあり方を記しています。

特に信仰者としてどのように他者との関係を持つべきかは大切なことで。人間の問題や悩みの9割は対人関係であるといわれます。

私たちも対人関係が正しく問題なくなされているならば恐らくほとんどの悩みは解決しているのではないでしょうか。 大切なことは23節の御言葉です。 

「人に対してではなく、主に対してするように」という姿勢はクリスチャンの対人関係の原則です。

3組の関係で共通することは「従うこと」です。
まず私たちは神様に従うことが大切です。そしてその結果、目の前にいる人に従うということも出来るのです。

それはいやいやながらとか形式的な従順ではなく、「心から」のものとなります。

まず神様に対する正しい姿勢を学び、そこから正しい対人関係を得させていただきましょう。

2017年3月10日 | カテゴリー : 城倉牧師 | 投稿者 : 18nahabap91