「12年もの重荷からの解放!!」

「彼女は、イエスのことを耳にして、群衆の中に紛れ込み、うしろから、イエスの着物にさわった。」                                                      

(マルコ5:27)

 会堂管理者の娘を癒すため、イエス様はヤイロの家へ向かいました。急ぐイエス様に近づく一人の女性がいました。

この人は12年もの間、血が流出する婦人病に苦しんでいました。多くの医者にかかりながらも、一向に改善されません。むしろ悪くなる一方で、彼女は失意のどん底にいました。

 ある日、この女性がイエス様のことを耳にしました。病を癒すイエス様の御業を聞いて、彼女の内に信仰と希望がわいてきました。

「この方には癒す力がある!」。その確信が「イエス様の着物をさわれば癒される」というほどの信仰と行動になったのです。

 聞いて、信じて、行動する。 12年間の重荷から解放された瞬間です。実に信仰は聞くことから始まるのです。

yuri

2015年4月29日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 18nahabap91

十字架と月

夜の教会に浮かんだ 月と十字架のコラボレーション!!!

「神は二つの大きな光る物を造られた。大きいほうの光る物(太陽)には昼をつかさどらせ、小さいほうの光る物(月)には夜をつかさどらせた。....」

(創世記1:16)

yorunokyoukai

 

2014年1月11日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 18nahabap91